モビットの即日融資に通るためのキャッシングNAVI

モビットは10秒簡易審査結果表示でキャッシング可能かまずはチェック

モビットのキャッシングを利用するためにはまず審査の申込が必要となりますが、やはり今の時代はパソコンやスマートフォンを利用してオンラインで申し込みするのが簡単にできるので今のキャッシングのスタイルと言えますね。
しかも、10秒で簡易審査の結果が表示されるので借入可能かすぐにチェックできます。

 

モビットの申し込み手順

  1. こちらの申し込みページから必要項目(お名前、住所、生年月日、電話番号、職業、収入等)
  2. 必要書類を提出
  3. メール、電話による審査結果通知
  4. キャッシング利用開始

ネットでの申し込みから利用開始まではこのような流れになっています。

 

まずは10秒簡易審査結果表示で借入可能かすぐに診断!

モビットから即日振込融資を受けるためには (急いでいる方向け)

モビットのキャッシングが人気がある理由となっているのが「即日振込融資」でしょう。
即日振込融資は申し込みしたその日にあなたの銀行口座に振り込まれるということです。

 

銀行口座の残高不足でお困りの方には大変便利なサービスすね。

 

ただし、モビットでは申し込みすれば確実に即日融資が受けられるというわけではありません。
即日融資を受けるためには条件があり、これを満たさなければ翌日以降の融資ということになります。

 

ここではその条件について紹介します。

 

まず即日振込融資に関しては申し込みのタイミングが大事となります。
モビットが営業している平日でなければ即日振込融資は受けられません。
また、平日でも即日の融資は14:50分までに手続きを完了させる必要があります。

 

これはあくまで審査の完了が14:50分までということですから、14:50分の直前にモビットのホームページにいって手続きを開始したのでは間に合いません。
申し込みをして審査をしてもらい、必要書類を提出するなど一連の手続きが14:50分までに完了することが必要となります。
手続きの途中で14:50分を過ぎれば翌日扱いとなってしまいます。

 

14:50分を過ぎてしまったら当日融資は無理なの?

14:50分を過ぎてしまった場合、銀行口座に振り込むことは無理ですがモビットのローン申込機にてモビットカードを発行すれば、受取直後より、提携ATMからキャッシングすることができます。
ローン申込機は21:00まで利用できますので14:50分を過ぎてしまった方や現金が必要な方はローン申込機を利用するといいでしょう。
審査通過後に振込ではなくローン申込機でカードを受け取ることを選択すればよいでしょう

 

ローン申込機の設置場所はこちらの公式サイトでご確認下さい。

 

やはりキャッシングを利用される方の多くは急いで現金が必要という状況の方が多いです。
そう考えると申し込みをした当日にすぐ融資を受けられるか否かというのは非常に重要な要素といえますよね。

 

ただ余裕を持って申し込みをしたほうがいいのは言うまでもありませんよ。
これは、あくまですぐに借りたい方向けの内容です。次の日でも問題なければ普通に申込めば次の日には借入できます。

 

申し込み自体は24時間受け付けていますから、午前中手続きをする時間があまりないようなら前日の夜にでも申し込みをしておけば当日は必要書類を添付して送るだけでスムーズに融資までたどり着けるでしょう。

とても便利な「WEB完結申込」

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちのにおすすめなのが「WEB完結申込」です。
これはどういうメリットが有るかというと、申込時の「電話連絡なし」「郵送物もなし」であなたの銀行口座に振り込まれるので、全く誰にも知られる心配もなくしかも手続きが格段に少なくなるのでさらに便利というわけです。

 

ただし、即日振込み希望の場合は平日9:00〜14:50までに手続きが完了している必要があります。

 

ちなみにWEB完結申し込みでも普通のカード申し込みでも審査に関しては全く違いはありません。
どちらを選択されても同様の審査が行われます。

 

必要書類を準備しておこう

申し込みの際には本人確認書類や収入証明書の提出が必要となります。
後で必ず必要になるわけですから、手続きを開始する前に何が必要か確認して準備しておくといいでしょう。

確実に審査してもらうための注意点

当日融資してほしい方は特に注意して欲しい内容をご紹介します。

 

申込みフォームは確実に正確に入力すること
申込内容に不備があると審査が確実に遅れます。
不備とはメールアドレスが間違っていたり電話番号の打ち間違いなど。連絡先を間違えるとモビット側からの連絡が取れなくなります。

 

メールアドレスの間違いで多いのが「.(ドット)」と記入するところを「,(カンマ)」と記入したり、一見すると間違えていることに気づきません。たったこれだけでも審査時間に影響します。

 

免許証などの必要書類は確実に撮影すること
審査の際、運転免許証や健康保険証などを提出する必要があります。携帯のカメラで撮ってアプリで送るだけなのですが、その際の画像が手ブレやピンぼけの写真だと確認できません。

 

また、必要な情報のところを指で隠れていてもダメなので、はっきりと読める写真を撮影する必要があります。

更新履歴