モビットでお金を借りた後の返済方法

モビットでお金を借りた後の返済方法について

モビットを利用して借入をする際には、借りることだけでなくその後に必ず訪れる返済のことについても考えておく必要があります。

 

モビットの金利は実質年率が3.0%〜18.0%、融資限度額は最大800万円となっており、他のキャッシング会社と比較してもとても魅力的な数字になっています。

 

さらに三井住友銀行グループのモビットであるという安心感がありますからとても利用しやすいキャッシングです。

 

しかし利用がしやすい反面あまりに気軽に借入をしてしまって失敗する方も非常に多いのです。
特に借りすぎてしまって返済が苦しくなるケースがあとをたちません。

 

一昔前の消費者金融のイメージのような厳しい取り立てや法律を無視したような金利がないとはいえ、自分の返済能力を超えるような借入をしてしまって返済に苦しむ可能性はあります。
モビットの利用を申し込む前に、きっちり返済できる計画を立てておきましょう。

 

返済計画を立てるためにはまずモビットの返済方法について知っておくべきでしょう。
モビットでは3種類の返済方法を利用することができます。

 

提携ATMでの返済方法

中でも最も便利で利用者が多いのが提携ATMを利用しての返済です。
全国にある銀行はもちろんコンビニとも提携しており、銀行・コンビニのATM・CDを利用して返済が可能です。
銀行としてはイオン銀行、セブン銀行、福岡銀行、親和銀行、第三銀行、熊本銀行のほか全国に提携銀行があり利用できます。
コンビニとしてはローソン、イーネットを利用できます。

 

また、ファミリーマートのファミポートやローソンのロッピーを利用してコンビニのレジでの返済もできるようになっています。
コンビニは全国どこにでもありますし、通勤途中や外出中にいつでも立ち寄って返済できるので非常に利便性が高いのです。
24時間営業していますから、文字通りいつでも返済できるというのが素晴らしいですね。

 

口座振替での返済方法

コンビニに行くことすら面倒だという方にとっては口座振替が最も便利になるでしょう。
こちらは予め口座を設定しておくことで、指定口座から毎月の返済額を引き落としてもらうという返済方法です。

 

非常に便利ですが、利用できる金融機関が三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座のある方に限られているという難点はあります。
ただ自動引き落としはうっかり返済を忘れてしまうというよなことは絶対にないですから、この機会に口座を作ってしまうのも良いかもしれません。
もちろんすでに口座を持っている人ならなんの問題もなく利用することができます。

 

銀行振込での返済方法

3つ目の返済方法は銀行振込です。
他の2つと比較して面倒な返済方法となるかもしれませんが、自分の口座から直接返済できる方がありがたいという方もいるでしょう。

 

一度現金を引き出すような必要がありませんし、最近はインターネットバンキングが普及しているので自宅での手続きも可能です。
指定されたモビットの口座に振込だけなので迷うようなこともありません。

 

モビットの公式ホームページへ行けばどのような返済方法、手順、計画で返済するかをシミュレーションすることができます。
もちろん無料で利用できるサービスです。

 

現在の借入残高から、毎月の返済金額と残りの返済月数を調べることができるので、返済計画を立てるのに非常に役に立ちます。
利用する前にはまずこの返済シミュレーションで、利息と返済額を把握してから申込みすることをオススメします。