モビットの返済方法と返済方式

モビットの返済方式と返済イメージ

モビットのキャッシングは「フリーキャッシング」という1種類のみとなっています。

 

そしてこのフリーキャッシングの返済方式についても借入後残高スライド元利定額返済方式の一種類のみとなっています。
この方式というのは残高に応じて毎月支払う元金と利息の金額が常に一定になるという方式です。

 

毎月返済する金額が一定となっているので非常にわかりやすく覚えやすいということで利用者としてもメリットのある方式で、信販系のキャッシングでよく採用されている方式です。

 

ただし、毎月定額の支払の中からまず利息分を支払った残りで元金を返済するという方式になるため、はじめのうちは利息の支払ばかりになり、元本の支払いは後回しになってしまうという特徴があります。

 

融資の金額が小さくすぐに返済できる場合にはそれほど問題ないかもしれませんが、大きな融資を受けた場合には返済の期間が長くなってしまうという懸念があり、長くなった分だけ利息分の支払いが大きくなるというデメリットがあります。

 

そういう意味では長期間かけて返済するような場合にはあまり向いていない方式とも言えます。
しかしモビットではこの方式しかありませんし、最近では他のキャッシング会社の場合もおなじように借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しているところが多いですから選びたくても選びようがないということもあります。

 

実際に毎月支払うことになるのは借り入れ金額が10万円以下の場合4,000円、20万円以下で8,000円、40万円以下で11,000円、50万円以下で13,000円となっています。
これ以上の融資を受ける場合もあるかと思いますが、さらに高額の融資についてはモビットのサイトで確認してください。

 

毎月の返済金額自体は借り入れ金額に対して少額になっているので、毎月の負担は少なく余裕を持って返済していくことができます。

 

しかし上記のようにこの返済金額からまず利息分が引かれ、その残りで元金を減らすという方式になりますので、金利が元金を圧迫したような状態になり、毎月の返済では元金はなかなか減っていかないということになます。

 

元金が減らないということは返済には長期間を要することになり、支払うことになる利息が高くなるということは把握しておく必要があります。

 

ただし、必ずしも毎月この金額で返済しなくてはいけないということではありません。
他の消費者金融でも行なっているようにモビットでも早期返済をすることができます。資金に余裕があるようであれば、通常の返済にプラスして繰り上げ返済をすることができるようになっています。

 

繰り上げ返済を利用すればその分元金を減らすことができるため、返済期間を短縮することができ、同時に最終的に支払うことになる利息を減らすことにもなります。

 

毎月の返済金額にプラスしてどんどん繰り上げ返済できるというようであれば決して悪い返済方式ということにはなりませんので、早く返す意志がある方なら問題ないでしょう。