モビットで複数の借入をまとめるおまとめローンとして利用

モビットで複数の借入をまとめるには

最近は複数の会社からの借入を一つにまとめる、いわゆるおまとめローンが人気になっていますが、モビットは融資限度額が最大500万円でまとめやすいというのも人気の理由です。

 

条件の良い銀行でのおまとめローンは審査が厳しいため高収入の方や公務員くらいの人でないと審査に通らないことが多いため、実際に審査に通り借入ができる現実的な選択肢としてモビットが選ばれているわけです。

 

なぜおまとめをすると良いのか?

モビットにはおまとめローンという商品はありませんが、おまとめローンとして利用するのはそれなりにメリットがあるからですね。そしてそのメリットは支払いの負担が減るということです。

  • 大口の借り入れにまとめることで低金利で借りることができ、支払い総額を少なくできる。
  • 支払い先を一本化することで毎月の支払額が少なくなる可能性がある。
  • 支払先を一本化することで返済手続きなどの手間を省略できる。

こういったメリットが存在しています。
やはり一番の目的となるのは支払総額を少なくできるという点ですが、毎月の負担を減らせるのも面倒が減るのも返済生活が楽になるという意味では非常に大きな価値があると言えるでしょう。

 

なにより、借り入れを一本化することによって完済までの道筋をハッキリと意識することができます。

 

まとめるなら金利条件が重要

モビットでローンをまとめるのがオススメという話ですが、モビットにはおまとめローンというサービスがあるわけではありません。
ですがモビットは融資限度額が500万円と他の会社よりも高いことから他社よりも高額融資が可能であり、実質おまとめローンのような使い方をすることができるのです。

 

モビットは基本的に「消費者金融窓口」という扱いになっています。
モビットはかつては三菱東京UFJ銀行、最近では三井住友銀行グループのキャッシング会社となっており、こういった大手銀行のATMを利用することができるというのも非常に大きなメリットとなっています。

 

よく聞く身近な銀行が付いていることで利用者との距離感も近く馴染みがあるため利用者が増えているわけです。

 

モビットの大きな特徴だとも言えるのがいわゆる「フリーキャッシング」のみのサービスであるということです。

 

他の金融機関の場合だと「おまとめローン」という商品名を用いることで、他社の借り入れをまとめる目的であるということを明示しているのですが、モビットはそういったことがありません。

 

他にもローンというと学生向けローンだったりバイクローン、カーローンなど世の中にはいろんなローンがありますが、そういった名称は一切なく、全て「フリーキャッシング」で借りることとなっています。

 

これはどういうことを意味するのか、というとつまりはモビットではどんな用途であっても同じ審査が行われるということです。
申込者の年収と希望金額によって審査が行われるというわけですから、非常に利用しやすいということにもなるわけです。
ただ注意したいのは借り入れがしやすいということはそれだけ金利は高めに設定されるということでもあるのです。

 

モビットが設定している年利は最低4.8%からですが最大は18.0%です。
この18.0%という上限年利は法律上最大現の金利ということですから、条件しだいでは結構な高金利ということにもなるわけです。

 

当然借り入れ金額が大きかったり、利用期間が長かったりすると金利は優遇されますので、条件次第では他より低金利になる可能性もあります。

 

これは消費者金融の金利表示の妙味とも言える部分かもしれませんが、なんにしても最大18.0%での借り入れの可能性もあるわけですから、実際に借りる際の年利には十分注意が必要ですし金利を下げてもらう交渉も有効でしょう。

 

モビットの金利とはまた別に、キャッシングのルールについても確認しておく必要があります。
融資限度額が500万円だとは言っても法的にそれだけ借りられるとは限りません。

 

貸金法が改正されたことによって現在では年収の3分の1の金額までしから借り入れすることはできなくなっています。

 

おまとめローンを利用する場合、基本的にモビットで借り入れをしてそれで返済するという流れになるわけですから一時的とは言え借り入れ金額は2倍になることになります。

 

ですからすでに借り入れしている金額とこれからモビットでまとめるために借り入れする金額が年収の3分の1以下でなければいけないということになります。

 

すでに複数の会社から合計100万円の借り入れがあり、それをまとめるためにモビットで100万円を借りるなら合計200万円。
つまり年収は600万円必要ということになります。

 

これがモビットのフリーキャッシングの弱点でもあり、逆にこれだからこそ利用しやすいという点でもあるのです。