モビットの審査に通る人と落ちる人

モビットの審査に通る人と落ちる人の違いについて

モビットを始めとしてキャッシング会社から融資を受けるためにはまず審査に通らなければいけません。

 

モビット側の立場になればわかることですが、キャッシング会社はボランティアではありませんので、返済能力が無いと判断できる人にお金を貸すわけにはいきません。

 

お金を貸した側のキャッシング会社は貸したお金は当然返してもらわないと商売になりません。ですからモビットでは借入の契約をするための条件を設けることによって、申込みした人に返済能力があるかどうかを審査し、融資するかどうかを判断しています。

 

しかし実際のところ審査というのはどういった基準で行われているのか、どういった流れで行われるのか、どのくらい時間がかかるのか、など審査については具体的にどういったものなのかよくわからない部分も多々あるかと思います。モビットではどのように審査が行われているのでしょうか。

 

まず審査の「基準」についてですが、審査で主に見られるポイントとしては「年齢」「年収」「ローン残高
」の3つが挙げられます。

 

年収については返済能力と直接関わってくるので非常に重要であることはおわかりだと思います。もちろん年収が高いに越したことはありませんが、年収が高ければそれだけで審査に通るというわけでもありません。年収が高くても「ローン残高」が大きいと審査に落ちる可能性は高くなります。

 

年収があるから通るだろうと考えるのは間違いであり、逆に言えば年収が少なくても通る可能性があることは知っておくべきです。

 

モビットでは上記の3点を中心として審査しますが、それが全てというわけでもありません。

 

もし利用者が契約した後にすぐ仕事を失うなどで収入が無くなってしまったり、家計が苦しくなるようなことがあれば返済が難しくなるかもしれません。そうなると当然モビットも困るわけですから、上記の項目に加えて勤務先の情報、勤続年数、家賃、家族構成などの情報についても審査の対象となります。

 

さらには勤務先の社員の人数や役職、家族の年齢についても情報として必要になってくる場合があります。非常に面倒だと感じる方も多いかもしれませんが、だからと言って申込み時に適当に記入したりウソの申告をしてはいけません。虚偽の申告は即審査落ちへとつながりますから、面倒でもキッチリと間違いないように記入しましょう。

 

審査にどのくらいの時間がかかるの?というのも非常に多い質問ですが、モビットは非常にスピーディーな審査で知られています。

 

基本的にキャッシング会社を利用してお金を借りたいという人は、自分の力ではどうしようもない切羽詰まった状況、つまりすぐにでも現金が欲しいという方がほとんどです。ですから審査をとにかく早くして欲しいという方が多いわけですね。そこでモビットのスピーディーな審査が非常にありがたいのです。

 

ただし、審査が終わったからといってその後すぐに融資が行われるわけではなく、審査結果を受けてから契約をきちんとしてそれから融資という流れになります。

 

審査についてはモビットの公式サイトから行うことが可能です。とにかく早く審査をして欲しいという方はンラインでの審査申込みをするのが一番です。

 

もし審査に落ちてしまったら?という疑問を持つ方も多いでしょう。

 

審査に落ちてしまったからと言って特になにがあるわけでもありません。もちろん融資を受けることはできませんが、二度と申込みができないなんていうことはありません。もし収入が増えただとか、他社からの借入を完済した等、状況が良くなれば再度申込みを行い、審査通れば無事利用することが可能となります。

 

審査の内容やなぜ落ちたのかについては知らされませんが、なぜ落ちたのかを考えて改善すればまた利用することができます。